南房総のシェア里山 『ヤマナハウス』

About

都内から車で約2時間、南房総三芳に『ヤマナハウス』は位置します。

江戸時代からつづく築200年とも300年とも言われる古民家、長年休耕地となっていた畑、背部にそびえる小高い裏山。

2015年春始動のヤマナハウスは、「シェア里山」をテーマに、休耕地の開墾、裏山の整備、古民家の再生を通して、少しずつ里山の手入れを進めています。

現在のメンバーは、ITや食、デザイン関係、法律家など多分野で活動。ほとんどが都内在住で、週末中心に集まっています。

豊かな自然のなかでのリフレッシュはもちろん、それぞれの視点で、衣食住を支える知恵や仕組み、里山での愉しみ方を見つけていくこと。

20年近くの間、人が住んでいなかった家と畑、そして裏山に手入れして、季節を旅しながら、変わりゆく過程を愉しんでいきます。

このサイトではそんなヤマナハウスでの出来事をお届けします。

□□■■進行/計画中のプロジェクト■■□□

● 衣×里山
テキスタイルデザイナー久米希実主宰の『里山テキスタイル研究所』プロジェクト。「衣食同源」をテーマに、自ら育てた藍と綿花を使ってゼロからの繊維づくり。藍、桜、セイタカアワダチソウ、雑草などによる染めワークショップを開催。

● 食×里山
・季節の酵素シロップ(フルーツやハーブをつかって)
・大豆から育てて味噌づくり
・ヤマナ的野草茶

● 家×里山
・古材を用いた照明で古民家を彩る
・土間を快適に手入れ
・庭の水はけ改善
・念願のピザ窯づくり
などなど。

□□■■ゲスト参加/メンバー入会■■□□

場所を変えるとシンプルに見つかるものがあります。里山環境に身を置き、忘れていた何かしらに気づくこと、それ自体もこのプロジェクトの目的です。

都市生活の否定ではなく、都市的なセンスを持ち込みながら、二拠点生活の起点となるような新たな形のコミュニティを作っていくこと。

一度遊びに来てみたい方、『ヤマナFRIENDS』としてワークショップなどに年間通して関わりたい方は、”お問合せ”よりお気軽にご連絡ください。

里山を使っての持ち込み企画も歓迎です。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s